【きょうのヒーロー】 陸上ホッケー部女子:和田香里

 10月19日、2019年度関西学生ホッケー秋季リーグ予選第3戦にて、GK和田香里(教4)がホッケー界4強の天理大からの失点を抑え、善戦を繰り広げた。チームは天理大に2-3で惜敗を喫したものの、来週行われるインカレへ弾みをつける試合となった。

<写真・相手シュートを止める和田>
-0-6となった春季の天理大戦とは、がらりと変わった試合内容でしたが、試合を振り返っていかがでしたか。
 「ディフェンダーとミッドフィルダーがよく頑張ってくれたので、守りやすかったです。みんなの頑張りがきょうの結果につながったと思います」
-強豪天理大に1点差まで迫りました。ご自身で手ごたえは感じますか。
 「まだまだです。最初の1失点は抑えられたと思います。また、第4Qで後輩にキーパーを譲ってしまったので、最後までガツガツ行かないといけないと思いました」
-4強撃破を掲げている中で、失点を抑えることは重要になると思います。普段どのような気持ちを持ってプレーをされていますか。
 「練習中は粘るイメージを強く持つようにしています。自分が粘れば、絶対誰かが助けてくれる。いい流れをつくって、少しでもチームに貢献できるようにしたいです。試合になれば、あとはいつも通りやるだけです。自分が一番うまい、絶対できるという気持ちを持ってプレーしています」
-最後に、インカレへの意気込みをお願いします。
 「インカレまでは少ししか時間がありません。できなかったことをできるように、また、後悔しないようにプレーしていきたいです」

◆和田香里(わだ・かおり)1997年12月1日、埼玉県生まれ。埼玉県・飯能高出身。競技歴は7年。ポジションはゴールキーパー。教育学部4年。164㌢。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です