【硬式野球部】 追い上げ見せれず、関関戦初戦は黒星

<写真・きょう2安打を放った前原>
   
 10月18日、わかさスタジアム京都にて令和元年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第8節(対関大第1戦)が行われた。
   関大打線を抑えきれなかった。関学の先発は小田(経4)。初回は走者を2塁まで進めるも、失点は免れた。だが、続く2回、2者連続二塁打を浴び、2点先制を許す。小田に変わってマウンドに立ったのは金和(経2)。四球や暴投で失点した。さらに1死二塁の場面で本塁打を浴び、さらに2失点。6回からは石丸(経3)が継投した。6回を三者凡退に抑える好投。しかし、7回に四球で走者を許すと、安打を放たれ失点。点差を離された。これ以上の失点は避けたい関学。8、9回は原(経3)、宮本(社4)が無失点に抑えた。一方の打線は、3点を追う3回。前原(社4)の安打を代打の高尾(社4)がつなぐと、相手の失策で2得点。1点差に迫った。だが、続く4回に1死満塁の好機を迎えるも、打者は三振に倒れ得点ならず。その後も安打を放つも得点にはつながらず、4点差で迎えた8回。2死まで追い詰められた場面で野口(社3)が二塁打を放つと、その後三者連続で四球を選び、押し出しで1点を返した。だが、その後最後までリードを縮めることができず6ー3で敗北。リーグ戦最終節は黒星スタートとなった。
   次戦はあす、同会場にて第8節対関大第2戦が行われる。
【関大】森、○香川、鷲尾ー久保田
【関学】●小田、金和、石丸、原、宮本ー山田(社2)、佐藤(国1)
試合後のコメント
中内理貴主将(経4)「勝ちたい気持ちはいつも以上にあったし、準備をしてきたが、負けてしまった。だが、初球から積極的に打っていったり、ベンチも勝ちたいという雰囲気でやれていて、あすにつながるいい試合ができていた。走者を出したが、効率的に進められず、チャンスでもう1本出なかったことは課題。あすは次につながるとかではないので、4回生は意地を見せるだけ。下級生はいつも通り思い切ってプレーして欲しい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です