【準硬式野球部】 まさかの最下位で秋季リーグ終幕

<写真・試合後、記念撮影に応じる部員たち>

 10月17日、わかさスタジアム京都にて令和元年度秋季リーグ戦が行われ、関学は関大と対戦。6-8で敗れ、関学は最下位で秋季リーグ戦を終えた。

 きょう負けると最下位に転落する関学。初回、野村(経1)と前山(人3)の連続適時打で先制に成功する。だが、先発の上村(経2)が初回に2点を返されるなど、不安定な立ち上がりを見せる。3回には四球から崩れ、5失点、ゲームの流れを関大に渡してしまった。5回に前川(法3)、6回には前野(人3)の適時打で1点差に迫るも、反撃はここまで。6-8で敗北を喫した。

 試合後、タイトルホルダーが発表され打率十傑に本木(社2)、前川。ベストナインに岡田(人2)、前川が選ばれた。

試合後のコメント

石黒航輝主将(社3)「とても悔しい結果になってしまった。初回、こちらが3点を先制し、勢いを持ってきただけに悔いが残る。シーズンを通してやはり守備のミスが目立った。質も大事だが、量も足りていないので、ノックの数をもっと増やしていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です