【バレーボール部女子】 神院大に敗北し、1部昇格消滅

<写真・試合に敗北し、落胆する選手たち>
 
 10月13日、佛教大学紫野キャンパス体育館にて、2019年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ戦女子2部第6戦が行われ、関学は神院大にセットカウント1-3で敗北した。
 攻撃がリズムに乗らなかった。第1セットは中盤で連続失点。MB有元(教4)とMB横谷(法1)の速攻で食らいつくも、点差は7点に開いた。14-21でWS岡本(社2)がコートに入り、流れを変えるも届かず。21-25で第1セットを落とした。第2セットは、関学がリードを広げた。9-11からS大西(国2)と岡本のブロックが決まると相手もミスを連発。リードを保ったまま、セットは終盤へ。だが、23-17から6連続失点で追い上げを食らった。それでも最後は有元のサービスエースでなんとか逃げ切り、25-23。セットカウントを1-1にしたが、第3セットは再び相手に主導権を渡した。中盤でサーブカットが崩れ、攻撃が乱れると5連続失点。スパイクが相手のブロックにかかり、追い上げはかなわなかった。17-25でセットを落とし、あとがなくなった第4セットは、中盤で相手がミスを連発。WS佃友(人2)やWS桑岡(社3)のスパイクで一気に5点のリードをつくった。だが、終盤で相手にじわじわと点差を詰められ、最後は連続失点。リードを生かせず、23-25でセットを落とした。春季は勝利した相手に今季2敗目。最終戦を前に、1部昇格への道が断たれた。
    次戦は10月20日、同会場にて同大会最終戦が行われ、関学は大院大と対戦する。
 
試合後のコメント
有元里織主将「1部昇格の目標を達成できなかった。情けない。きょうは、上級生がどれだけ覚悟を見せられるかに懸かっていた。基本に戻って全員で勝とうという気持ちで臨んだ。でも、結局これが自分たちの結果。やるかやらないかの勝負の中で、必要なことができていなかった。最終戦は、どれだけ集中してリーグを締めくくれるかが大事。後悔が残らないように、全員が笑顔で終われるような試合にしたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です