【アメリカンフットボール部】 近大戦後の監督・選手コメント

<写真・吉野はインターセプトリターンTDを決めた>

試合後のコメント
鳥内秀晃監督「結果はたまたま。あれだけ反則しとったらあかん。いろんなポジションで防げるミスがたくさんあった。次の関大、立命大にこんなことしたら勝てへん。練習の中でも反則しとるからな。まだその辺が甘いわ。試合で起こることを想定して練習せなあかん」
#52DL寺岡芳樹主将(経4)「幸先よく先制して余裕のある中で、あれだけミスをしていては駄目。内容としては自分たちが求めているものではない。神大戦が終わってから、一人一人が今やれる全力を尽くそうと言ってきた。ミスに対しての声掛けも求めて準備してきたが、まだ準備のレベルが低い。次このようなミスをしたら勝てない。準備の質を上げて臨みたい。(自身の約1年ぶりの復帰について)思ったより試合勘は残っていたが、足が動かなかった。もっと走り込みをして、これからチームに恩返ししたい」
#79OL村田健太副将(社4)「きょうは、自分を含め反則をたくさん取られてしまった。今のままでは立命大と戦えるレベルではない。どう反則を少なくするのか、練習から頭を使って考えなければいけない。きょうロングパスが決まったことは良かったと思う。だが、レシーバーにキャッチミスがあったり、OL陣は相手にプレッシャーを掛け切れなかったり、改善すべき点はたくさんある。少しずつチームはいい方へ向かっていると思うので、継続して課題をつぶしていきたい。次戦の相手の関大は、1対1が強くスピードもあり、身体能力が高いチーム。どれだけ相手への理解度を上げて、全員で戦えるかが鍵になる。隙のないオフェンス、ディフェンスをつくって圧倒したい」
#81WR阿部拓朗副将(社4)「オフェンスとしてファーストシリーズで得点を取れたことは良かった。また、パスでTDを3本取れたことは大きいが、パスが通らなかった時にランで取れたのかと考えると、まだ弱いと思う。この2週間はミスに対して厳しく、ピリピリとしていた。だが、4年生のミスが改善し切れなかった。あってはいけない反則が起こってしまった。このままでは関大や立命大に足元を救われる。こんな結果に満足せず、2週間で成長して勝つ」
#45DB畑中皓貴副将(経4)「結果として点差は開いたが、完封は達成できず残念。2枚目、3枚目の選手が出ているシリーズでTDを取られてしまった。誰が出ても完封できるようにしたい。オフェンス、ディフェンス共に4年生の反則が多すぎる。罰退でヤードを取られてしまったし、反則がなければ取れた点もあった。いいプレーができた選手は喜んでもいいが、これがスタンダードだと思い、気を引き締めていく。(阿部のTDについて)エースレシーバーとして自分が決めなければと背負い込んでいたので、2本取れて気楽になったと思う」
#51DL大竹泰生副将(商4)「先週のあの結果から、チームとして変わり切れなかったのがこの結果。完封しなければいけない相手だったが、まだまだ甘いし、雰囲気も緩い。(セイフティを決めたが)あれはたまたま。チームとしても個人としても満足していない。次戦の関大は後がなく、本気で来る。次で結果を出さなかったらいつ出すのか。腹をくくって本気でやりたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です