【硬式野球部】 1ー6で京大に敗北。連勝ならず

 

<写真・安打を放ち笑顔を見せる藏本>
 10月7日、ほっともっとフィールド神戸にて令和元年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第6節(対京大第2戦)が行われた。
   2戦で決め切ることはできなかった。関学の先発は原(経3)。初回は三者凡退に抑えたが、2回先頭打者に本塁打を浴び先制を許す。4回にも二塁打を含む2本の安打を浴び、1失点。5回を投げ切らずマウンドを降りた。続投したのは、きょうがリーグ戦初出場の鈴木(教1)。1死満塁のピンチを招くと京大打線を抑えきれず、一挙に4点を失う。その後は石丸(商3)、金和(経2)が好投。さらなる失点は回避した。一方の打線は、1点を先制され迎えた2回。大谷(法2)、前原(社4)が四球で出塁すると、藏本(経4)が安打を放ち満塁に。続く山田(社2)が犠飛を放ち同点に追いついた。その後はチャンスをつくるも得点にはつながらなかった。広げられた点差を縮めることはできず、1ー6で敗北となった。
   次戦はあす、同会場にて対京大第3戦が行われる。
【京大】○原ー長野
【関学】⚫︎原暁、鈴木、石丸、金和ー山田、佐藤海(国1)
中内理貴主将(経4)「相手に先制されて、最後まで流れをつかむことができなかった。序盤に本塁打を浴び焦ってしまい、きのうのような逆転をすることができなかった。絶対に負けられないという気持ちが足りなかったことが敗因。あすは相手も絶対に勝つという気持ちが向かってくる。気持ちで負けないように、負けたら死ぬと思って頑張る」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です