【硬式野球部】 2-7で敗北し立命大から勝ち点落とす

<写真・きょう2安打の三谷>
   
 9月24日、大阪府南港中央野球場にて令和元年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第4節(対立命大第3戦)が行われた。
   悲願の勝ち点奪取とはならなかった。関学の先発は原暁(経3)。初回をリズムのいい投球で三者凡退に抑えた。だが、続く2回には2安打を浴び、先制を許す。流れをつかまれると、続く3回には被弾。1点を追加され、マウンドを降りた。原に代わって登板したのは黒原(社2)。4回を無失点に抑えるも、5回には3安打、さらに四球や死球で進塁を許し、4失点。降板となった。そこから関学は、小田(経4)、石丸(商3)、金和(経2)の継投。石丸が1失点するが、それ以上の相手の得点は食い止めた。一方の打線は、序盤から相手投手に苦しめられる。2点ビハインドで迎えた3回。代打で打席に立った多木(法4)が安打で出塁すると、中内(経4)の適時打で1点を返す。続いて関学打線が動いたのは5回。山田(社2)、金子(文2)、三谷(経4)の三連打で1死満塁とする。大量得点を狙いたかったが、中内の犠飛で1得点に留まった。その後、関学打線は沈黙。巻き返しとはならず、2-7で敗北となった。この結果、立命大から勝ち点を落とした。
   次戦は10月6日、ほっともっとフィールド神戸にて第6節対京大1戦目が行われる。
【立命大】◯坂本ー榮枝
【関学】●原、黒原、小田、石丸、金和ー山田
試合後のコメント
中内理貴主将「きょうは3戦目にまで持ち込んだ分負けたくなかったが、相手の方が力が上だった。試合はみんなが勝ちたい気持ちで入れていて、点は取れて良かったが、失点が多かったことが敗因。引退が近付いてきている。1つでも多く勝ちたい。京大戦は気持ちの面で負けないようにして、明るく勝ちにこだわっていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です