【ソフトテニス部男子】 苦戦強いられ1日目は1勝2敗

   <写真・鋭いショットを放つ遠藤主将> 
   9月14日、マリンテニスパーク北村にて2019年度関西学生ソフトテニス秋季リーグ戦の1日目が行われた。関学は初戦、天理大と対戦。だが、結果は振るわず2-3で敗北した。続く試合は関大と対戦。初戦の挽回を図りたかったが、またも本領を発揮できず。1-4で敗北を喫した。そして最後は立命大との対戦。遠藤(教3)古賀(商3)の主将、副将コンビが3戦全勝。勢いに乗った関学はこの日初勝利を収め、1勝2敗で1日目を終えた。
   次戦はあす、同会場にて秋季リーグ戦2日目が行われる。
[本日の試合結果] 
・1回戦(対天理大)
磯貝(法2)・内海(社2)★0-4
鳥居(社3)・中谷(法1)☆4-3
下原(経1)★1-4
遠藤爵・古賀☆4-3
廣瀧(社3)・中大路(商2)★1-4
・2回戦(対関大)
下原・中谷★3-4
遠藤爵・古賀☆4-3
廣瀧★0-4
鳥居・中大路★1-4
磯貝・内海★0-4
・3回戦(対立命大)
磯貝・内海★1-4
廣瀧・中大路★2-4
下原☆4-1
遠藤爵・古賀☆4-0
鳥居・中谷☆4-0
試合後のコメント
遠藤爵由主将「みんな入りが悪くて力を発揮できなかった。劣勢のときにみんなを立て直すような声かけができなかったのは自分の未熟な点。でも、自分たちのペアが全勝して刺激を与えることができて良かった。あすは、入れ替え戦に回るかもしれないということは考えず、目の前の試合を全力で戦って次につながるような試合にしたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です