【バドミントン男子】秋季リーグ第3戦で近大に勝利!

<写真・第1シングルスでストレート勝ちをした田中>
 9月12日、立命館大学いばらきキャンパスにて関西学生バドミントン秋季リーグ戦第3戦(対近大)が行われた。
 第1シングルスでは、田中(人1)がストレート勝ちを収めた。続く第2シングルスに出場した戸内(人3)はストレート負けするも、第1ダブルスの鍵谷(人4)・平岡(国2)ペアは、大差をつけストレート勝ちする。流れに乗ったまま、第2ダブルスの西原(国4)・川波(社3)ペアもストレート勝ち。第3シングルスの福原(社3)は、フルセットまで持ち込み、接戦となったが敗北した。チームは3ー2で近大に勝利した。
 次戦は9月18日、龍谷大学深草キャンパスにて同大会4日目が行われる。
本日の結果
S1田中☆2ー0
S2戸内★0ー2
D1鍵谷・平岡☆2ー0
D2西原・川波☆2ー0
S3福原★1ー2
試合後のコメント
鍵谷由輝主将「第1シングルスの田中が競りはしたものの2-0で勝ってくれて勢いがついた。第2シングルスの戸内が負けてしまったが、1ダブと2ダブが実力を十分発揮して戸内の負けをカバーすることができた。エースが負けても他でカバーして、全員で勝つ関学らしい勝ち方ができ、いい試合だったと思う。春リーグでは立命館に完敗した。シングルスもダブルスも今までの相手より強いが、いつも通り関学らしく全員で勝ちにいき、必ずリベンジする」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です