【アメリカンフットボール部】 龍大戦後の監督・選手コメント

<写真・インターセプトを決めたDB畑中(右)>

試合後のコメント
鳥内秀晃監督「なんでこんなにミスが起こっているのかを見極めなあかん。それができたらええ話。その見極め方が違うねん。交代メンバーがあかんわな。誰かがけがしたら、2枚目以降が出なあかん。チャンスをものにせんと。真剣さがまだ足らん」
#52DL寺岡芳樹主将(経4)「いつも通りの結果になった。この1週間、全然プレーが通っていなくて、それがそのまま試合に出た。ディフェンスは粘りはしたが、ローテーションしている中で、やはり層が薄いなと。試合を想定した練習ができていない。目の前に立命大の選手がいると思って常にやらないと駄目。これから2週間、今起こっているミスについてどれだけ真剣に取り組めるかが大事になる。次の相手は京大だが、相手どうこうより、まずは自分たちが取り組んできたものをしっかりぶつけたい」
TDにつながるインターセプトを決めた#45DB畑中皓貴副将(経4)「オフェンスが点の取れない苦しい中で、ディフェンスが踏ん張る試合だった。完封はしたが、前より良くなっただけ。まだ目指している基準にはいっていない。個人的には、TDにつながるインターセプトをできたことは良かった。次に戦う京大は、関学に対する対抗心がすごい。そこにどう迎えるかが大事になる」
#81WR阿部拓朗(社4)「1枚目が出ていない中で、結果の悪いゲームだった。このまま立命大などに勝ち切れるのかと考えたら負けることが目に見えている。当たり前にできるはずのところでミスをしていて、修正できていない。オフェンスとしてはロングゲインもRB三宅(経3)の1回だけであまりなかった。交代のメンバーでもどれだけできるかが課題。できていない部分をユニットごとに徹底的に潰していく。オフェンスはTDを取る」
#51LB大竹泰生副将(商4)「ディフェンスは数字上では完封できた。しかし、自分たちのやりたいプレーはできていなかった。もっとアグレッシブにいきたかったが、全体的に歯切れが悪かった。先週から課題を潰せていたところもあったが、まだまだ。DBが2回ビンゴしたのは成長した点。次戦は京大戦だが、このままではやられるという危機感が足りない。4年生が変わって、本気で立ち向かわなければ勝てない。2週間本気で努力して、絶対にボコボコにして圧倒して勝つ」
#79OL村田健太副将(社4)「スタート、フィニッシュ、ハドルブレイクの3つを大事にしようと言ってきたが、リズムがつかめず、学生圧倒には程遠かった。先週から時間をかけて良くなった部分もあるが、目指しているレベルではない。なんどもやってできるまでやる。全員が同じ絵を思い浮かべてプレーできていない。コミュニーケーションがうまく取れていないことも課題。OLがチームの足を引っ張っているので、圧倒するOLを作って他のポジションを助けられるようにしたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です