【ボート部】 出場した6艇全てがあすの敗者復活戦へ

<写真・最後まで力強く漕ぎ切った男子舵手なしペア>
 9月5日、埼玉県戸田市戸田ボートコースにて第46回全日本学生選手権が行われた。1日目のきょうは予選が行われ、関学から男子舵手なしペア、女子シングルスカル、男子シングルスカル、女子ダブルスカル、男子舵手なしクォドルプル、男子舵手付きフォアの計6艇が出場した。予選は1艇のみが準決勝へと進める戦い。どの艇も、強豪揃いの大舞台で関学の意地を見せつけようと力漕するも、苦戦。全ての艇があすの敗者復活戦へと回った。
   次戦はあす、同会場にて大会2日目、敗者復活戦が行われる。
[本日の試合結果]
◎男子舵手なしペア
S 越智(経4)
B 武中(経3)
5艇中3着  7分20秒34
→あすの敗者復活戦へ
◎女子シングルスカル 
   宇佐川(教1)
5艇中3着  8分54秒24
→あすの敗者復活戦へ
◎男子シングルスカル
   東郷(社4)
5艇中5着  8分18秒61
→あすの敗者復活戦へ
◎女子ダブルスカル
S 重松(国4)
B 渡辺(社4)
5艇中5着  8分17秒35
→あすの敗者復活戦へ
◎男子舵手なしクォドルプル
S 林(商1)
3 三原(商2)
2 野武(商4)
B 田中(神1)
5艇中5着  6分55秒12
→あすの敗者復活戦へ
◎男子舵手つきフォア
COX 蓮澤(経4)
S 川井(人4)
3 三谷(総4) 
2 岡本(法2)
B 松田(理4)
4艇中2着  7分01秒97
→あすの敗者復活戦へ
試合後のコメント
越智俊介主将「きょうは1艇も準決勝に上がれず残念。どの艇も、全国の壁の高さを感じたと思う。自分自身のレースも、スタートからはまらず置いていかれた。きょう出た課題は、あす修正できるようにしたい。今シーズンはメダルを獲得できた大会もあり、悪くはない。あすは1つでも多くのクルーが準決勝に上がることができるのがベスト。だが、4年生はあすが引退試合にならないように頑張りたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です