【卓球部】 男子は3勝1敗、女子は全勝で秋季リーグ戦折り返し

<写真・勝利への望みをつなげた萩原>

    9月1日、京都府横大路運動公園体育館にて2019年度関西学生卓球秋季リーグ戦3日目が行われた。男子は関大と京産大、女子は近大と立命大と対戦した。
    男子は1試合目の春季リーグ戦6位の関大にまさかの敗北を喫した。切り替えたい関学は2試合目に京産大と対戦。1番手の大西尚(商3)が惜しくも敗北したが、2番手の楊(経2)が3-1で勝利し、チームを鼓舞(こぶ)。だが、3番手の廣田雅(経4)とダブルスで敗戦し、1-3となり崖っぷちに。5番手の重村(経1)がストレート勝ちを収め、リーグ戦初出場で6番手の萩原(商2)が1-2から2セット連取し、ラストの高橋(商4)へ望みをつないだ。高橋はストレートで勝利し、4-3で逆転勝利を収めた。
   一方、女子は2試合目に立命大と対戦。1番手の村田(文1)、2番手の秋山(教2)が安定したプレーでチームの流れを作る。3番手の宮脇(国4)が2-3で惜しくも敗北したが、ダブルスで勝利し、白星まであと1勝。6番手の小脇(社3)が先にストレート勝ちをし、4-2で立命大に勝利した。
   次戦は9月4日、兵庫県ベイコム総合体育館にて男女とも龍大と対戦する。
試合結果
男子団体 対関大★2-4
1楊 ☆3-1
2高橋 ★2-3
3重村☆3-0
4高橋・廣田雅★0-3
5廣田雅★0-3
6卯木(法4)★1-3
対京産大☆4-3
1大西★1-3
2楊☆3-1
3廣田雅★1-3
4高橋・廣田雅★0-3
5重村☆3-0
6萩原☆3-2
7高橋☆3-0
女子団体 対近大☆5-1
1宮脇☆3-0
2竹田(国2)☆3-2
3村田☆3-2
4小脇・村田★1-3
5秋山☆3-1
6光根(法2)☆3-0
対立命大 ☆4-2
1村田☆3-1
2秋山☆3-0
3宮脇★2-3
4小脇・村田☆3-1
5光根★2-3
6小脇☆3-0
試合後のコメント
卯木尚大男子部主将「関大戦では自分が春季リーグ戦で優勝したことや、インカレなどの結果から勝たないといけないと思いすぎた。ここまで勝ってきてくれたメンバーに申し訳ない。京産大戦は1-3から重村、萩原が勝ってくれて、ラストの高橋まで回してくれた。それぞれが全力で戦った結果。中2日、しっかり調整して、本当の関学の強さを見せたい」
宮脇千波女子部主将「ベンチが元気良く、自分が負けても雰囲気を良くしてくれて改めてこのチームはいいなと感じた。負けても負けた雰囲気ではなく、勝ったような雰囲気をつくってくれる。目標は全勝優勝。一戦一戦大事に残り3試合を全力で戦っていく」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です