【硬式野球部】 一時は2点差まで追い上げるも逆転ならず、秋季リーグ戦黒星スタート

<写真・適時打を放った前原>
 8月31日、わかさスタジアム京都にて令和元年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第1節(対近大1回戦)が行われた。
   関学の先発は小田(経4)。2回に五者連続で出塁を許し、2点先制される。4回にも2つの四球で走者を溜めると、適時打を放たれ2点追加を許した。続いて継投したのは加藤(社3)。二者連続安打を浴び、2失点。続く5回は黒原(社2)がマウンドへ。死球を出したものの無失点に抑えた。続いて投げたのは衛藤(経1)。6回を三者連続三振で抑え、リズムを作る。しかし8回、打線を封じ切れず2点の追加点を許した。一方の打線は近大のエース投手に苦戦し、4回まで無安打。流れが変わったのは5回だった。杉園(経2)が二死から四球で今試合初出塁。続く藏本(経4)、山田(社2)の二者連続安打で満塁の場面を作る。そして打席に立ったのは代打前原(社4)。レフトへの一振りが適時打となり2点を返した。6回にも犠飛や相手の暴投で追加点。一時は2点差にまで迫ったが、攻めきれず、敗戦となった。
   次戦はあす、同会場にて第1節対近大2戦目が行われる。
【近大】○村西、鷲崎ー井町
【関学】●小田、加藤、黒原、衛藤、石丸(商3)ー山田(社2)
試合後のコメント
今季から監督に就任した本荘監督「きょうは試合前半は雰囲気が堅く、動けていないまま先制されてしまった。途中で追い上げた場面は、みんな積極的に打てていてとても良かったと思う。全体としては試合には負けたが、あすは吹っ切れて戦えるはず。今は4年生がいろんなことに取り組んで、何とかチームを変えようと頑張っている。4年生には負けたら終わりだと思うのではなく、単純に勝つことに集中してほしい。あすは先攻なので、初回から攻めていく試合をしたい」
中内理貴主将(経4)「無駄なミスが重なり、失点が多くなってしまった。でも、みんなの勝ちたい気持ちが繋がって、追い上げることができた。守備では失策もなく、負けてしまったが悪くはない試合だったと思う。あすは前半から攻めてプレッシャーをかけて、得点を狙いたい。ビッグイニングをつくられないように、接戦に持ち込んで勝つ」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です