【バドミントン部女子】 西日本インカレで4強入りしあすにつなげる

<写真・笑顔で試合を締めた請田・小野田ペア>

 8月31日、熊本県立総合体育館にて、第59回西日本学生バドミントン選手権大会2日目が行われた。

   3試合目では松山大と対戦。第1シングルスの酒井(理1)、第2シングルスの村田(経3)、第1ダブルスの上田(文4)・水野(文3)がスピード勝利。続く準々決勝では武庫女大と対戦。第1シングルスを落としたものの、第2シングルスの村田、第1シングルスの佐々木(人4)・結城(法4)ペア、そして第2ダブルスの請田(人2)・小野田(教1)ペアが2ー0のストレート勝ちで3勝を挙げ、チームは3ー1で快勝。あす行われる準決勝進出を果たした。

   あす、同会場で大会3日目が行われる。

 

[本日の試合結果]

対松山大

S1酒井☆2ー1

S2村田☆2ー0

D1上田・水野☆2ー0

対武庫女大

S1上田★0ー2

S2村田☆2ー0

D1佐々木・結城☆2ー0

D2請田・小野田☆2ー0

試合後のコメント

佐々木絢子女子リーダー「焦らずしっかり自分たちのペースで戦えた。応援でもしっかり盛り上がって戦えたことと、今までの練習でやってきたことをしっかり出し切ってくれたことが勝因だと思う。あすからが勝負なので、関学のチーム力を見せつけて、優勝目指して頑張る」

tags:バドミントン

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です