【庭球部女子】 吉田が準々決勝敗退

<写真・8強で敗退となった吉田>
   8月25日、大阪府靱テニスセンターにて2019年度関西学生テニス選手権大会(本戦)が行われた。5日目のきょうは、女子シングルス準々決勝が行われ、関学からは吉田(国3)が出場した。リーグ戦で対戦経験のある相手との準々決勝。序盤は2ゲーム連取で順調に滑り出すも、第1セット中盤から、相手に攻めのショットを次々と決められた。悪い流れを断ち切れず、第1セットは3-5。続く第2セットも、相手の勢いを止めることができず。ストレートで敗北し、準々決勝で敗退となった。
女子シングルス準々決勝
(ショートセットファイナル10ポイントタイブレーク方式)
吉田 0-2{3-5、1-4}
試合後のコメント
8強で敗退となった吉田安佐「去年は準優勝した大会だったが、今年はベスト8で負けてしまった。リーグ戦の直前で、あまり良くない流れ。自分の調子が上がらず、自分がやろうと思っていたことが全くできなかった。リーグ戦では、チームに1勝をもたらせる存在になりたい。あと1週間しかないが、できることを考えて実行していきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です