【庭球部男子】 シングルス、ダブルスともに敗れ、全出場選手が敗退

<写真・シングルス16強となった中澤>
   8月24日、大阪府靱テニスセンターにて2019年度関西学生テニス選手権大会(本戦)が行われた。4日目のきょうは、男子シングルス4回戦、男子ダブルス3回戦が行われ、関学からは中澤(法2)、深井(法4)・中澤組が出場した。勝てば8強進出となる男子シングルス4回戦。中澤の相手は全国レベルの実力を誇る、近大の選手となった。序盤から相手の多彩なショットに翻弄(ほんろう)され、いきなりゲームを先取される苦しい展開。それでも、相手の弱みを突き、3ゲームを連取し、試合を振り出しに戻した。しかし、再び主導権を握られ、第1セットを落とすと、第2セットも終始相手ペース。ストレートで敗れ、8強進出はならなかった。男子ダブルス3回戦も、地力で勝る関大ペアに終始圧倒された。息の合ったコンビネーションで1ゲームを取るも、反撃もここまで。完敗を喫し、こちらもベスト16で敗退となった。この結果、関学男子は、全出場選手が敗退した。
男子シングルス4回戦
(ショートセットファイナル10ポイントタイブレーク方式)
中澤  0-2{3-5、2-4}
男子ダブルス3回戦
深井・中澤  0-2{1-4、0-4}
試合後のコメント
男子シングルスをベスト16で終えた中澤慈永「大会前に、最低限16強には行きたいと思っていた。試合中は意識をしていなかったが、終わってみると8強に行けず、すごく悔しい。それでも、試合中に苦しい選択をして、相手の弱みをついてポイントを重ねる感覚をつかむなど、多くの収穫があった大会だった。(リーグ戦に向けて)今回の個人戦以上に苦しい選択を迫られるが、逃げないようにしたい。特にダブルスでしっかり勝てるように、練習通りに、自分らしくプレーする」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です