【庭球部女子】 ダブルス2組が初戦突破!

<写真・スーパータイブレークの末に初戦突破を決めた高本・新居(左)組>
   8月22日、大阪府靱テニスセンターにて2019年度関西学生テニス選手権大会(本戦)が行われた。3日目のきょうは、女子ダブルス1回戦が行われ、関学からは5組が出場した。明河(経3)・北本(人2)組は第1セットを2-4で落とすも、第2セットを4-2で取り切り、勝負をファイナルへ持ち込んだ。終盤まで拮抗(きっこう)するも、最後は北本のサーブで流れをつかみ、初戦突破を決めた。高本(商4)・新居(人3)の上級生ペアは、序盤から両者一歩も引かない展開に。第1セットをタイブレークで取り切るも、第2セットを落とし、スーパータイブレークへ。3度のデュースを乗り切り、13-11で園田女大の主力ペアを破った。また、3組が1回戦で敗退となった。
   あすは同会場にて女子シングルス3回戦、女子ダブルス2回戦が行われる。
女子ダブルス1回戦
(ショートセットファイナル10ポイントタイブレーク方式)
吉田(国3)・岩井(商3) 1-2{0-4、4-0、8-10}
越智(教4)・大和(経3) 0-2{3-5、4(1)-5}
明河・北本 2-1{2-4、4-2、10-7}
石川(教2)・小柳(商2) 0-2{1-4、2-4}
高本・新居 2-1{5-4(4)、3-5、13-11}
試合後のコメント
越智優果女子主将「5組中2組しか初戦を突破できなくて悔しい。ただ、勝った2組はスーパータイブレークを取り切ってくれて、勝負強さを発揮してくれた。決して満足のいく結果とはなっていないが、チームとしてはリーグ戦に向けて士気も高まってきている。勝ち上がったペアはあす以降も持ち味を発揮して、勝ち進んでほしい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です