【カヌー部】 全日本インカレ2日目、リレーで好成績を残す

<写真・{JWK-2}500㍍決勝で2位の上杉・保田組>
 8月22日、石川県木場潟カヌー競技場にて第55回全日本学生カヌー選手権大会2日目が行われた。{K-1}リレー4×500㍍決勝、{WK-1}リレー4×500㍍決勝、{JWK-2}500㍍決勝、{JK-1}500㍍決勝などが行われた。女子リレーでは宮本(理4)・加藤(文4)・宮崎(人4)・川部(教4)組が2着でゴールした。
   次戦はあす、同会場にて行われる。
   本日の主な成績は以下の通り。
{K-1}リレー4×500㍍決勝
3位 酒井(商1)・春木(法4)・岡村(経4)・大山(文2)組
{WK-1}リレー4×500㍍決勝
2位 宮本・加藤・宮崎・川部組
{JWK-2}500㍍決勝
2位 上杉(商1)・保田(経1)組
3位 宮内(商1)・森本(法1)組
{JK-2}500㍍決勝
1位 久野(文1)・長谷川(教1)組
試合後のコメント
岡村圭祐主将「関東勢が強い印象。関西インカレで優勝してからも、しっかり調整し、仕上げてきた。男子の結果は予想通り。油断することなくいけば日本一を取れると思う。あす出場するメンバーは、思い切りやってほしい」
宮崎怜奈女子リーダー「流れは悪くない。まだまだ日本一への可能性がある順位。女子は全員がA決勝に進めず、B決勝には3人進んだ。元の人数が少ないので、昨年と比率で比べると悪くない。あす以降、ペアやフォアで得意のチーム力を見せたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です