【洋弓部】決勝ラウンドで北川、惜しくも初戦敗退

<写真・行射をする北川>

 8月21日、大阪府服部緑地陸上競技場特設レンジにて第59回関西学生アーチェリーターゲット選手権大会決勝・決勝ラウンドが行われた。関学からは前日の予選ラウンドを勝ち上がった北川(社4)が出場。強豪近大を相手に前半は勝ち上がるも、後半に追いつかれ敗北。1/16イリミネーションで敗北となった。

試合後のコメント

きょう決勝ラウンドに出場した北川汐音「2回生の頃に比べて、トーナメントに出場することができ、自分の成長を実感できた。だが、オリンピックラウンド式の試合に慣れてないのが課題だと気づいた。目標として8位以上を掲げていたので、初戦敗退は悔しい。だが、結果だけでなく、楽しむことを一番に考え実行できたため、そこは満点。全関西とインカレでは今回の反省を活かしていい順位をとりたい。これからは自分が楽しめる量の練習を、質を高めてやっていきたい。弓具を買い換えようと思っているので心機一転、初心を思い出して練習に打ち込みたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です