【弓道部男子】 全日本インカレ、予選突破ならず

<写真・落を務めた中>
     
 8月14日、グリーンアリーナ神戸にて第67回全日本学生弓道選手権大会の1日目が行われた。男子団体予選で32立目に出場した関学は13中(全20射)となり、決勝トーナメント進出とはならなかった。
 8月16日の最終日に、女子団体予選、女子団体決勝トーナメントが行われる。
     
出場選手と結果は以下の通り。
     
予選32立目
大前:川原田 圭二郎(社3)◯XXX
2的:森口 友博(法2)◯X◯◯◯
3的:古田 浩嗣(法3)◯◯◯X
落前:古澤 建(経3)X◯◯◯
落:中 拓己(人3)◯X◯◯
    

試合後のコメント
三木大輝男子主将(社4)「悔しい気持ちが大きい。普段の練習では予選通過できる力を持っていたと思う。決して慢心して練習していたわけではない。きょうも朝から練習して試合に臨み、万全の状態で来ていた。だが、初立の的中が悪いことが例年の関学の課題。今回も序盤に流れが悪かったことが後ろにも影響を与えてしまった。1本目からしっかり決めていく意識でやっていきたい。あさっての女子は優勝できる選手が揃っている。全員で応援して、優勝を目指す」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です