【柔道部】 全国大会出場権獲得ならず 4年生引退

<写真・試合後、記念撮影に応じた選手たち>
 8月11日、五條市シダーアリーナにて第38回関西学生柔道体重別選手権大会が行われた。関学からは、男女合わせて10人の選手が出場した。出場者全員が3回戦までで敗退。チームでベスト16以上の選手が出なかったため、チームのポイントは加算されず、全国大会出場はならなかった。また、今大会をもって4年生は引退した。
試合結果は以下の通り
女子52㌔級
大村花(社4)1回戦敗退
男子66㌔級
佐藤遼太朗(経1)3回戦敗退
川村将真(法2)3回戦敗退
男子73㌔級
三野晴之(法4)1回戦敗退
安井飛馬(人1)3回戦敗退
箱島平和(法2)2回戦敗退
男子81㌔級
山本涼平(総2)2回戦敗退
男子90㌔級
森元大陽(人3)1回戦敗退
男子100㌔級
廣底毅一郎(商1)2回戦敗退
試合後のコメント
森元大陽主将「確実に全員が実力を伸ばせていた。惜しい試合もあったが、やはり他の大学は一段レベルが違う。他の大学は選手が多く、異なるタイプの人と練習ができるが、関学はずっと同じ人と練習している。経験の浅さが差として出た。練習から一本を取る柔道ができないと、本番では一本が取れない。これからは、一本を取る柔道を練習から目指す」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です