【ソフトテニス部女子】 早大にあと一歩及ばず3回戦敗退

   <写真・試合後涙を流す中村主将> 
   8月6日、岩手県北上市和賀川グリーンパークテニスコートにて第73回文部科学大臣杯全日本大学対抗ソフトテニス選手権大会1日目が行われた。関学は初戦、東海大と対戦。全ペアが勝利を挙げ、好スタートを切った。続く2回戦の相手は東北福祉大。初戦の勢いそのままに、再び全ペアが白星を挙げ、3回戦へと駒を進めた。そして、ベスト8入りを掛けた3回戦。相手は強敵の早大。1試合目の小林(人3)村井(文3)ペアは、持ち前の粘りのプレーを発揮。だが、相手に流れをつかまれ敗北した。続いたのは、高橋(経2)白石(人1)ペア。若手らしく元気のあるプレーで相手に食らいつき、試合はファイナルゲームへ。接戦をものにしたかったが、わずかに及ばず黒星となった。最後にチームの命運を託されたのは、福田(教2)山口(経4)ペア。抜群の強さで強敵相手に2勝し、ベスト8入りに大手をかけた。迎えた3戦目。着実に得点を重ね、先に2ゲームを先取した。だが、その後相手の勢いが増し、惜しくも逆転負け。あと一歩のところでベスト8入りを逃し、3回戦敗退となった。
[本日の試合結果] 
・1回戦(対東海大)
半田(法3)芳地(人2)☆4-1
小林・村井☆4-0
福田・山口☆4-1
・2回戦(対東北福祉大)
高橋・白石☆4-1
小林・村井☆4-2
福田・山口☆4-2
・3回戦(対早大)
小林・村井★2-4
高橋・白石★3-4
福田・山口☆4-1 ☆4-2 ★2-4
試合後のコメント
中村仁菜主将(文4)「勝利が目の前だった分、とても悔しい。でも、山口を始め選手たちは最後まで頑張ってくれた。今は悔しさよりも感謝の方が大きい。自分は試合に出ないことを選んだ分、誰よりも声を出すことを意識した。試合に出られなかった選手たちも声を出していて、今までで一番チームが一つになれていたと思う。結果的には負けてしまったが、秋季リーグ戦で優勝できたことより価値があった。このチームで本当に良かった。後輩たちは、もっといいチームで結果を残せる。自分たちらしいチームをつくっていってほしい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です