【陸上競技部】 桒原が200㍍を制覇!西日本インカレ3位で終幕

<写真・200㍍を制覇した桒原と3位の伊里>
    6月23日、西京極総合運動公園陸上競技場にて、第72回西日本学生陸上競技対校選手権大会3日目が行われた。
   関学からは8種目に出場。女子走幅跳で川原(法3)が5㍍81で5位入賞し、女子砲丸投でも広沢(社2)が5位入賞を果たした。トラック種目では、10000㍍Wで小笠原(社3)が3位となりきょう最初の表彰台に登った。200㍍決勝では、桒原(人2)が競り勝ち優勝。伊里(人4)が3位に入り、丘田(社2)は4位入賞と関学の強さを見せつけた。西日本インカレ最終種目の1600㍍リレーでは、國枝(商2)、片山(文1)、樋口(人3)、杉原(教4)が力走。関西インカレ4位から大きく躍進し、2位に輝いた。関学は総合66.5点で総合3位となり、西日本インカレに幕を下ろした。
試合後のコメント
杉原隆太主将「本メンバーではない中で、トラックで優勝し、3位に入れたことは自信につながった。この結果で選手同士が互いに刺激し合い、全員で成長していきたい。1600㍍リレーは、関西インカレでタイムが伸びないなど、今まで思うようにいかず昨年からメンバーが大きく入れ替わったことへの不安もあった。だが下級生がよく頑張ってくれ、3分10秒を切れたことがうれしい。日本インカレでは、総合入賞を狙う。今のメンバーなら成し遂げられると思う。まずは、来週の駅伝予選会で勝てるように、選手とともに頑張りたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です