【相撲部】 雪辱晴らし、関関戦勝利!

<写真・試合後、トロフィーを持ち写真撮影に応じる選手たち>

  6月16日、関西学院大学相撲場にて第42回総合関関戦が行われ、団体戦で関学は関大に5勝で勝利した。

  関大は入れ替え戦で敗れた因縁の相手。悔しさを晴らしたい一戦となった。先鋒の仁木(経3)が寄り倒しで勝利。二陣の遠藤(文3)も勝利と流れに乗る。中堅の福井(人3)が引き落としで関学の勝ちが確定。その後も勝利し、全勝を収めた。続く個人戦では仁木が優勝。松永(商3)が準優勝。大川(文3)が3位となった。

試合後のコメント

福井祐二郎主将「西日本での悔しい結果を晴らすことができて良かった。一人一人が受け身にならずに相撲を取れたことが大きい。個人戦は自分が勝っていれば入賞者を関学で埋めることができたので、そこは反省したい。次の体重別では部員全員が全国へ進めるように、稽古に励みたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です