【拳法部】 全国選抜大会で男子は8強止まりも、女子が3位!

<写真・試合後、笑顔で写真撮影に応じる女子チーム>

   6月16日、東京武道館にて、第32回全国大学選抜選手権大会が行われた。関学は男子がベスト8、女子は3位となった。
   5人制対試合形式で行われた今大会。男子は2回戦を危なげなく勝ち上がると、3回戦で流科大と対戦した。序盤から一進一退の攻防。2-2で大将の石谷(法4)に出番が回った。中盤までお互いに決め手を欠く中、後半に勢いよく攻めて怒涛(どとう)の二本先取。ベスト8へ駒を進めた。準々決勝では、昨年に続いて関大と激突。序盤の2戦を落とし、流れを失った。最後は石谷が相手エースから勝利を挙げるも、2-3で惜敗。関大には総合関関戦に続く敗北となり、今大会は3年連続のベスト8で幕を閉じた。
   また、今年から女子の部も行われた。関学女子チームは初戦を突破するも、準決勝で惜しくも関大に敗北。3位決定戦では、佐藤(法2)の二本先取で流れをつくると、塩谷(人1)が大将戦を1-0の接戦で制し、見事3位に輝いた。
   今大会の成績は以下の通り。
男子チーム
2回戦  対駒澤大
先鋒  井上(経4)○2-0
次鋒  増井(商2)○2-0
中堅  中野(経2)○2-0
副将  松本(国2)○2-0
大将  石谷  ○2-0
3回戦  対流科大
先鋒  中野  ○2-1 
次鋒  増井  ●1-2  
中堅  井上  ○2-0
副将  松本  ●0-2
大将  石谷  ○2-0
準々決勝  対関大
先鋒  松本  ●1-2
次鋒  井上  ●1-2 
中堅  中野  ○2-0
副将  小川(社2)●0-2
大将  石谷  ○2-0
女子チーム
準々決勝  対明治大
先鋒  勝井(国1)○2-0
中堅  佐藤  ○2-0
大将  塩谷  ○2-0
準決勝  対関大
先鋒  勝井  ●1-2
中堅  塩谷  ○2-0
大将  佐藤  ●1-2
3位決定戦  対中央大
先鋒  勝井  ●0-1
中堅  佐藤  ○2-0
大将  塩谷  ○1-0
試合後のコメント
石谷航大主将「相手が強かった。関関戦のリベンジをしたかったが、ほんの少しの差が出たかな。その中で、中野はよく頑張ってくれた。日頃から真面目にコツコツと練習をしている姿を、みんなも見習ってほしい。来週は西日本個人があるので、結果と内容にこだわって頑張りたい」
女子チームの3位入賞に貢献した佐藤かおり「素直にうれしい。1年生の2人がすごく強いので、楽に戦えた。個人的には、西日本団体ですごく迷惑をかけたので、絶対に負けられなかった。きょうは得意の面突きがはまって勝てたと思う。これからは全日本優勝に向けてやっていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です