【ラクロス部女子】 大量得点で関大に勝利!

<写真・4得点を決めた喜田>
   6月9日、関西学院第3フィールドにて第42回総合関関戦が行われた。
  前半戦は関学が主導権を握った。第1Q(クオーター)はMF吉田(教4)のシュートで先制。続いてAT浜野(商4)も得点し、勢いに乗った。第2Qも終始関学のペース。相手に得点を許すも、このQだけで4得点。6-1と5点リードで試合を折り返した。続く第3Q。序盤に相手の猛攻を受ける。だが、G中村(商4)を始め、ディフェンス陣が好セーブ。追加点を挙げる一方で、失点は2に抑えた。8-3の5点リードで迎えた最終Qも攻撃の手を緩めず。MF喜田(法4)がきょう4得点目を挙げるなど、最後まで攻めの姿勢を見せた。最終Qで6得点の猛攻を見せ、14-4の大差で勝利を収めた。
試合後のコメント
我妻彩里主将(社4)「とりあえず関関戦で勝つことができて良かった。下級生の活躍もたくさん見ることができた。でも、今年初の試合で、気持ちの持っていき方がまだまだだったことが反省点。第1Qからもっとガンガン攻められていたらもっと良かったと思う。もうすぐリーグ戦が開幕する。きょうの勝利に慢心せずに、日々の練習から日本一を取る気持ちで行動したい。そして、リーグ戦では自分たちのラクロスをして全勝する」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です