【拳法部】 代表戦に敗れ、関関戦勝利ならず

<写真・代表戦で敗れた石谷>

 6月8日、関西学院大学拳法場にて第42回総合関関戦が行われ、関学は関大と対戦した。
 関学は先鋒・藤井(経1)が大学デビュー戦で逆転勝利。チームに流れをもたらしたが、その後は連敗してリードを許した。三将・松本(国2)、副将・石谷(法4)が勝利するも、3勝3敗1分けで代表戦へ。命運は主将の石谷に託された。序盤から果敢に技を仕掛けるも、相手を崩せず。残り1分9秒に一本を取られ、そのまま敗北した。通算3勝4敗1分けで、3年ぶりの関関戦勝利とはならなかった。
    また、女子の試合も行われ、2勝1敗で逆転勝ちを収めた。
 次戦は6月16日、東京武道館にて第32回全国大学選抜選手権大会が行われる。
 本日の成績は以下の通り。
男子
先鋒  藤井  ☆2-1
次鋒  井上(経4)★1-2
三鋒  増井(商2)★0-2
中堅  中野(経2)△1-1
三将  松本  ☆2-0
副将  石谷  ☆2-1
大将  小川(社2)★0-2
代表戦  石谷  ★0-1
女子
先鋒  勝井(国1)☆2-1
中堅  佐藤(法3)★0-2
大将  塩谷(人1)☆2-1
試合後のコメント
石谷航大主将「関関戦では近年負け続けていたので、挑戦者の気持ちで臨んだ。1年生が活躍してくれたことは良かったが、4年生が不甲斐ない。(代表戦について)気持ちが切れてしまった。代表戦も見越して戦うべきだった。1週間後にまたすぐ試合があるので、昨年のベスト8は超えて、勝負の冬につなげたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です