【庭球部男子】 栗山・天野組が第1シードに完敗 ベスト8で終幕

<写真・ポイントを決めガッツポーズをした栗山と天野(右)>
 5月31日、大阪府靭テニスセンターにおいて、2019年度関西学生春季テニストーナメント(本戦)が行われた。5日目は男子ダブルス準々決勝に、栗山(商4)・天野(文4)組が出場。第1シードの関大ペアに猛攻を食らい、ストレート負けを喫した。ベスト8で敗退し、あすインカレ本戦出場権を懸けて戦う。
 次戦はあす、同会場にて男子ダブルスインカレ本戦選考が行われる。
    
男子ダブルス本戦準々決勝
栗山・天野  0-2(1-6、2-6)
試合後のコメント
栗山拓也主将「きょうの相手は全国トップレベル。分析はしていたが、予想外の動きをしてきた時に対応し切れなかった。インカレから夏関に向けて、まだまだ課題があると思う。あすは、さほど実力が変わらない相手と対戦する。集中して、自分たちのプレーを出していきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です