【庭球部女子】 シングルスは吉田が準々決勝進出! ダブルスは全ペアが敗退

<写真・バックハンドで打ち返す吉田>
 5月30日、大阪府靭テニスセンターにおいて、2019年度関西学生春季テニストーナメント(本戦)が行われた。4日目は、女子シングルス3回戦に3名、女子ダブルス2回戦に2組、女子シングルスインカレ予選選考2回戦に2名が出場。吉田(国3)がきょうも伸びのあるストロークと軽快なフットワークで相手を圧倒。ストレート勝ちで、シングルス準々決勝へと駒を進めた。ダブルスの2試合も、タイブレークやフルセットの接戦に持ち込んだが、要所でポイントを取り切れず。この結果、女子ダブルスは2回戦までに、全ペアが姿を消した。また、女子シングルスインカレ予選選考では、小林(経2)が、気迫のこもったラリー戦を制し、3回戦へと進出した。
    次戦はあす、同会場にて女子シングルス本戦準々決勝、女子シングルスインカレ予選選考、女子シングルスインカレ本戦選考が行われる。
    
女子シングルス本戦3回戦
吉田  2-0(6-2、6-2)
明河(経3)  0-2(0-6、0-6)
石川(教2)1-2(7-5、6(7)-7、3-6)
女子ダブルス本戦2回戦
越智(教4)・小柳(商2)0-2(6(11)-7、2-6)
明河・北本(人2)1-2(3-6、6-4、5-10)
女子シングルスインカレ予選選考2回戦
岩井(商3)0-2(0-4、0-4)
小林  2-1(5-3、2-4、10-4)
試合後のコメント
越智優果主将「ダブルスが2組とも、スーパータイブレークやファイナルセットでギリギリ落としてしまい、粘り切れなかった。自分の試合もファーストセットでタイブレークを落としてしまった。大事なところで弱気になってしまったことが、相手との差だと思う。シングルスの吉田の勝利はさすが。ここから相手も強くなってくるが、得意の粘りのテニスをして、勝ってほしい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です