【陸上競技部】 23点差で関大下し、関関戦勝利!

〈写真・関大と集合写真に応じる関学〉
 
   5月26日、関西学院大学第2フィールド陸上競技場にて第42回総合関関戦陸上競技大会が行われた。
 三段跳で中澤(人3)が自己ベストに迫る15㍍16で優勝。記録が出にくい第2フィールドで、成長を見せた。走幅跳では足達(社4)が7㍍39で優勝。110㍍Hは亀山(法4)が14秒33の大会新記録で優勝した。400㍍リレーでは惜しくも競り負けたが、関学は総合49.5点で26.5点の関大に勝利。2年ぶりに関関戦を制した。
主な結果は以下の通り
走幅跳
1位 足達 7㍍39
砲丸投
1位 福井(教4)13㍍41
5000㍍
1位 冨家(総2)15分53秒90
100㍍
1位 小谷(人1)10秒78
400㍍H
1位 藤原(文1)52秒86
400㍍
1位 山田(人2)48秒19
三段跳
1位 中澤 15㍍16
110㍍H
1位 亀山 14秒33
200㍍
1位 烏山(文2)21秒58
試合後のコメント
杉原隆太主将(教4)「関西インカレのチャンピオンとしての試合ができた。インカレのメンバーとは違っても、勝利したことで選手層の厚さを証明できたと思う。これから、各パートごとに練習し、全体で集まれる機会はなかなかない。だが、関西インカレときょうの試合の勢いをそのまま、西日本インカレに持っていきたい。チャレンジャーの気持ちを忘れず、挑んでいきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です