【ソフトテニス部男子】  遠藤・二階堂ペアが8強入り

<写真・8強入りを決めた二階堂主将>

   5月26日、同志社大学京田辺キャンパスにて2019年度関西学生ソフトテニス選手権大会2日目が行われた。   

  関学男子からは3組が出場。吉信(人4)・中村(法4)、廣瀧(社3)・中谷(商1)は5回戦敗退。遠藤(教3)・二階堂(人4)ペアが8強入りで、試合を終えた。

  また女子は半田(法3)・村井(文3)が8強入りを決めた。

試合後のコメント

二階堂和真主将「3チーム中2チームがベスト32止まりになってしまったのは残念。全員もう一つ勝てたと思う。ただ、ストローク勝負で勝つなど、競り勝つ強さは出てきた。全体としては昨日も言った通り雰囲気の緩さが出てきてしまったのは反省。今後、ミーティングをして意識統一を図っていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です