【ソフトテニス部男子】 3ペアが2日目残留


<写真・2日目残留を決めた二階堂主将>

5月25日、同志社大学京田辺キャンパス他にて2019年度関西学生ソフトテニス選手権大会1日目が行われた。
関学男子からは13組が出場。吉信(人4)・中村(法4)、遠藤(教3)・二階堂(人4)、廣瀧(社3)・中谷(商1)の3組が2日目に残留を決めた。
次戦はあす、同会場にて大会2日目が行われる。

試合後のコメント
二階堂和真主将「気温が高かったのもあり、みんな自分の力を出し切れなかった。いつもより多い9ゲームというのも影響があったと思う。リーグ戦で結果が奮わなかったこともあり、気持ちがバラバラになってしまった。あす残る3ペアは実力もあると思うので、優勝を目指していきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です