【アイスホッケー部】 同大に4-1で快勝

<写真・デビュー戦で大学初ゴールを決めたFW大橋>

   5月23日、関西大学たかつきアイスアリーナにて第1回チャレンジカップが行われた。同大と対戦した関学は、4-1で勝利した。
    序盤から同大に押され気味だった関学。第1ピリオド(P)6分18秒に先制点を許した。だが、徐々に攻撃を組み立て始めると、同13分8秒にFW大宮(文4)が同点弾。第2Pには、FW三小田(教4)が勝ち越しゴールを決めた。終盤は完全に主導権を握り、FW大橋(総1)の大学初ゴールなどで4得点。同大に快勝し、大会通算成績を4勝1敗とした。
   次戦は5月26日、関西大学たかつきアイスアリーナにて第1回チャレンジカップが行われ、関学は関大と対戦する。
試合後のコメント
三小田伸正主将「同大との1戦目で勝っていたので、より厳しい試合になると思っていた。先制はされたが、雰囲気は悪くなかったのですぐに取り返せた。攻撃と守備がしっかり役割を果たせたと思う。次の相手は苦手意識のある関大。チャンスは少ないと思うが、守り切ってロースコアで勝ちたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です