【硬式野球部】追い上げ見せるもチャンス生かし切れず、京大に敗北

<写真・本塁打を放ち笑顔で仲間とハイタッチを交わす高尾>
   
 5月19日、大阪府南港中央野球場にて2019年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第7節(対京大2回戦)が行われた。
   関学の先発は原(経3)。初回を無失点に抑えるも、1点リードで迎えた2回に同点に追いつかれる。続く3回にも1失点し、降板した。続いてマウンドに上がったのは石丸(商3)。打者一巡の猛攻を受け、3失点を喫した。これ以上追加点が許されない中継投したのは、小田(経4)。6回に2死三塁のピンチを迎えるも、打たせて取る投球で8回まで無失点に抑えた。そして、最終回には黒原(社2)が登板。先頭打者に二塁打を浴びるも、その後は見事な投球。追加点を許さなかった。一方の打線は、初回に岩井(商3)が1死二塁の場面で適時打を放ち、先制に成功。同点に追いつかれた2回には、藏本(経4)の適時打で1点を追加した。そして、3点のリードを許し迎えた5回。高尾(社4)が二日連続となる本塁打を放ち、1点差に迫った。だが、その後逆転のチャンスを何度も迎えるも、生かせず。最終回にもサヨナラの走者を塁に置いたが、逆転勝利とはならなかった。4-5で敗北し、決着の行方は3戦目へと持ち越された。
   次戦はあす、同会場にて第7節対京大3戦目が行われる。
【京大】仲村、池田、○坂下、長谷川-長野
【関学】原、●石丸、小田、黒原ー板倉(教4)、山田(社2)
[本塁打]関学:高尾
[二塁打]関学:藏本、前原
京大:中村、脇
  
試合後のコメント
中内理貴主将(経4)「きょうはみんな気持ちは入っていたが、点を取っても追いつかれるという展開が続いた。焦りが出てしまったことが敗因だと思う。勝ち切らないと意味はないが、高尾の1発でみんな勝てるという気持ちを持つことができた。野口や岩井がしっかり塁に出てくれて、いい攻撃につながったことも良かった点。あすは、相手ではなく自分たちが今季やってきたことを出して、必ず勝ち点を取る。いい試合をするのではなく、勝ちにこだわる試合をする」
河原誠学生コーチ(法4)「きょうは4回に3失点してから、ミスが目立ち追い上げることができなかった。打撃では何度も得点のチャンスはあったが、高く飛ばしてしまいアウトを取られることが多かったと思う。高尾の本塁打で間違いなく流れは変わったが、その後もチャンスを生かし切れなかった。あすも先制点を取って、丁寧にプレーしていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です