【剣道部】ベスト8の岡崎を含む、計5名が全日本出場へ。

〈写真・強気で攻める岡崎〉
 5月19日、大阪府舞洲アリーナにて第66回関西学生剣道選手権大会、第48回関西女子学生剣道選手権大会が行われた。
 男子では、竹嶋(商2)がベスト16入り、富松(法4)、松井(文4)がベスト30入りを果たし、全日本学生剣道選手権大会の出場権を得た。女子では岡崎(社3)がベスト8入りを果たし、自身初の全日本出場を決めた。また、大西(教2)も順調に勝ち上がり、ベスト16に入った。
 第67回全日本学生剣道選手権大会、第53回全日本女子学生剣道選手権大会は6月30日、大阪府立体育館にて行われる。
〈男子成績〉 
ベスト16
竹嶋快天 
ベスト30
富松智郎 、松井宏樹
〈女子成績〉 
ベスト8
岡崎莉子 
ベスト16
大西真奈未 
試合後のコメント
ベスト8入りを果たした岡崎「優勝するつもりできょうまでやってきたため、もう一つ上に行けず残念。前の方の技で1本取れたことは良かった。全日でも自信を持ってプレーしていきたい。逆に、膠着(こうちゃく)した場面で変化をつけて1本出せなかったことは課題。3年生になり、プレーでも、組織面でもみんなで引っ張っていかなければいけないと感じた。全日本には初めて出場するが出られることはやっぱりうれしい。緊張するかもしれないが、頑張りたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です