【水上競技部競泳パート】 男子400㍍フリーリレーで優勝! その他入賞者多数!

<写真・400㍍フリーリレーでアンカーの寺田と握手をする三坂主将>
 5月18日、丸善インテックス大阪プールにて第7回関西学生チャンピオンシップ水泳競技大会1日目の競技が行われた。多くの選手にとって今シーズン初の長水路でのレースとなった今試合。最初に行われた男女400㍍個人メドレーは、林(人2)、大谷雄(社1)が共に8位で決勝進出と好スタートを切った。男子は200㍍バタフライ以外の全ての種目で決勝進出を果たした。決勝では、男子200㍍自由形で、森下(法2)が力強い泳ぎで3位入賞。男子50㍍自由形では平松(商3)が、猛者揃いの近大勢に割って入り、2位となった。1番の盛り上がりを見せたのは、最終種目の男子400㍍フリーリレー。第1泳者の平松が好調そのままに、伸びのある泳ぎで50秒86の自己ベストをマーク。悲願の50秒台を叩き出し、トップで引き継いだ。その後は王者近大と一歩も譲らぬ大激戦に。アンカー寺田(教4)が350㍍でリードされるも、得意の後半に怒涛の追い込みを見せ、100分の6秒差で1着でフィニッシュ。見事、関西の頂点に立った。
 次戦はあす、同会場にて第7回関西学生チャンピオンシップ水泳競技大会2日目の競技が行われる。
本日の予選の結果は以下の通り。
[女子400㍍個人メドレー]
 8位 林みのり 5分17秒64
[男子400㍍個人メドレー]
8位 大谷雄剛 4分35秒65
[女子200㍍自由形]
17位 松永真彩子(理1) 2分16秒97
20位 溝淵真由(文2) 2分19秒93
[男子200㍍自由形]
5位 森下翔太 1分53秒09
15位 冨田圭人(法3)1分54秒98
18位 堀敬貴(経1)1分55秒98
[女子50㍍自由形]
20位 内藤好(人3)28秒48
22位 山口友希(文2) 28秒71
[男子50㍍自由形]
3位 平松聖隆 23秒42
20位 寺田弘剛 24秒23
29位 勝見駿佑(人2)24秒58
29位 三野漠(商1)24秒58
39位 南昌志(理2)24秒76
46位 角谷真波呂(社2)25秒03
96位 中前拓海(経1)26秒71
[男子200㍍バタフライ]
14位 植田竜成(法1)2分06秒62
17位 大川航輝(経3)2分08秒11
[女子100㍍背泳ぎ]
20位 生田彩(人1)1分11秒32
23位 山本雪乃(法3)1分 12秒84
[男子100㍍背泳ぎ]
1位 三坂一真(商4) 56秒89
4位 塩川裕也(経2) 57秒32
12位 佐多直浩(経3)58秒72
28位 仲村尚大(人2)1分00秒63
[男子100㍍平泳ぎ]
3位 大谷洸(社3) 1分03秒16
13位 平井佑典(経1)1分04秒64
14位 原田明日翔(社4) 1分04秒72
19位 田中優一(経4)1分05秒65
21位 斎藤迅(国1)1分05秒80
26位 窪田聖(法1)1分06秒29
棄権 宇野瑛二(文1)
本日の決勝の結果は以下の通り。
[男子1500㍍自由形タイム決勝]
8位 小林薫平(法4) 16分24秒33
[女子400㍍個人メドレー決勝]
8位 林みのり 5分14秒15
[男子400㍍個人メドレー]
6位 大谷雄剛 4分33秒13
[男子200㍍自由形決勝]
3位 森下翔太 1分52秒17
[男子50㍍自由形決勝]
2位 平松聖隆 23秒42
[男子100㍍平泳ぎB決勝]
6位 平井佑典 1分04秒76
8位 原田明日翔 1分04秒93
[男子100㍍平泳ぎ決勝]
3位 大谷洸 1分03秒24
[男子100㍍背泳ぎB決勝]
2位 佐多直浩 57秒94
[男子100㍍背泳ぎ決勝]
2位 三坂一真 56秒73
3位 塩川裕也 56秒96
[女子400㍍フリーリレータイム決勝]
8位 内藤好-林みのり-松永真彩子-竹林理子(国2)4分06秒94
[男子400㍍フリーリレータイム決勝]
1位 平松聖隆-三坂一真-森下翔太-寺田弘剛 3分24秒57
試合後のコメント
三坂一真主将「あくまでリレーが目立っていただけで、久しぶりにベストが出せた子も入れば、タイムが出なかった選手もいた。調子もあるが、モチベーションが大切だと思う。きょうのリレーやレースを見て、あす以降にモチベーションを変えてくれればいいと思う。(あすに向けて)やはりチームとしては応援が重要になってくるし、それはきょうのリレーを見てわかってくれたと思う。自分のレースに集中するのも大事だが、まずは応援をしっかりすることを考えて欲しい」
50秒台を記録した平松聖隆「勝てて良かった、というのが率直な感想。個人としても50秒台を出すことはできたが、もっといいタイムが出せたと思う。あすの100㍍自由形では、50秒台真ん中を出したい」
男子400㍍フリーリレー第3泳者の森下「勝てたことはうれしかったが、個人個人のタイムはイマイチだった。きょうはあまりコンディションが良くなかったが、その中では個人もリレーもまずまずのタイムで抑えられたと思う。あすは最低でも決勝進出、さらに表彰台も狙いたい」
男子400㍍フリーリレーアンカーの寺田「まずは勝てて良かった。アンカーなので、飛び込む前にかなり競っているのはわかっていた。個人が悪かった分、無心で飛び込んでがむしゃらに泳いだ。応援にも助けられたと思う。あすは個人種目も大事だが、800㍍リレーでチームに貢献できるように、タイムを出したい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です