【準硬式野球部】 一次トーナメント敗退で、4年生は引退

<写真・試合後、集合写真に応じる選手たち>

 5月5日、兵庫県関西学院大学第2フィールドにて、令和元年関西地区一次トーナメント決勝戦が行われた。関学は近大に0-7で8回コールド負け。昨年と同じ一次トーナメント決勝で涙をのんだ。

 先制点を狙うため、先攻を選んだ関学。1回、前野(人3)、建畑主将(理4)の安打と四球で1死満塁としたが、後続が続かず無得点に終わった。先発の上村(経2)は、2回まで三者凡退に抑える立ち上がり。しかし、4回裏に安打と失策で2点を先制されると、6回にも失策と安打で追加点を許す。さらに、7回には走者一掃の適時打を放たれ3失点。2番手で田中勇(商3)にスイッチ。無念の降板となった。反撃したい8回、先頭打者の建畑と菱谷(商2)が安打で出塁。しかし、チャンスを生かせず得点とはならず。ここで3番手の田中駿(商3)にマウンドは託されたが、失点。規定により、0-7で8回コールド負けとなった。

 この結果、一次トーナメント敗退となり、4年生は引退。目標の全日本選手権出場には届かなかった。

試合後のコメント

建畑亮太主将「昨年のリベンジを果たせず、悔しい思いでいっぱい。初回のチャンスを生かせなかったり、失策が多く流れをつかめなかったと思う。今年のチームは、きょうもメンバー外の4回生が朝練をしていたり、くさる人がいないチーム。初めはキャプテンをやりたくないと思うような学年だったけれど、最後は一つになれて、リーグ戦で結果が出ない時にも声をかけてくれたのは同期だった。大学での野球生活は、今までの中で一番結果が振るわなかった。でも、野球以外の部分で大きく成長できたし、関学準硬は、大学生活の全てを懸けたかけがえのない場所。来年は、目標を達成するためにミスの出ない勝ち切れるチームになってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です