【バドミントン部男子】 龍大に敗北するも成長を感じる春季リーグ戦に

<写真・集合写真に応じる部員たち>

5月5日、関西大学体育館にて平成31年度関西学生バドミントン春季リーグ戦最終戦が行われ、関学は龍大と対戦した。
第1シングルスでは、戸内(人3)が昨年の西日本個人覇者の田中と対戦。終始主導権を渡さず、延長戦を制し、ストレート勝ちを収めた。第2シングルスに出場した福原(社4)は第1セットを取るも、残りの2セットでなかなかスマッシュが決まらず、敗北した。続く第1ダブルスの鍵谷(人4)・平岡(国2)ペアは、フルセットの末勝利し、勝利に大手をかけた。しかし第2ダブルスの西原(国4)・川波(社3)ペアは波に乗れずストレート負けを喫した。勝負を行方を託された第3シングルスのルーキー田中(人1)は、昨年の関西個人王者と対戦。食らいつくも、ストレート負けした。チームは2ー3で龍大に敗北。関西3位で今大会を終えた。

本日の結果
S1戸内☆2ー0
S2福原★1ー2
D1鍵谷・平岡☆2ー1
D2西原・川波★0ー2
S3田中★0ー2

新人賞 田中一成(人1)

試合後のコメント
鍵谷由輝主将「やりきった。2ー3で負けはしたが、龍大と戦えるということが分かった。だが結果が全ての中、全勝優勝している龍大の強さを実感している。これまで3連勝全てが3ー2のぎりぎりだったが、誰かが負けても次が取り返す、全員で戦う勝ち方ができてよかった。これからは、競った場面でどういう風に点を取るのか、突き詰めていきたい。練習から闘争心をもっと出して取り組んでいく」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です