【アメリカンフットボール部】 慶大を33-27で下すも、課題山積み

<写真・第3QにキックオフリターンTDを決めたRB齋藤(右)>

   5月5日、兵庫県王子スタジアムにてフラワーボウルが行われた。慶大と対戦した関学は、33-27で勝利した。
   第1クオーター(Q)残り9分54秒、慶大最初のパスプレーを#10DB北川(人2)がインターセプト(INT)。そのままエンドゾーンへ運び、先制点を挙げた。だが、今年QBに転向し、今試合初先発を果たしたQB安西(社2)がINTされるなど、攻撃陣は安定せず。前半を13-6で折り返した。
   後半は一進一退の攻防となった。第4ダウンギャンブルで相手のパンターに走られ、ゴール前へ。残り5㍎からTDを許し、同点に追いつかれた。だが直後のキックオフリターンで、#27RB齋藤(総2)が90㍎を独走TD。さらに引き離したい関学だったが、相手のRBを止められず、再び同点とされた。#8K安藤(商4)のフィールドゴールで勝ち越すも、試合終了残り3分で33-27。慶大の最後の攻撃シリーズでゴール前1㍎まで迫られた。TDを許すと敗北も見えたラストプレー。TDパスをキャッチされたが、エンドゾーンの外へ追い出し、得点を阻止した。33-27で辛勝。何とか勝利を収めたが、課題の多く残る試合となった。
   次戦は5月11日、関西学院第3フィールドにて神大とのJV戦が行われる。
試合後のコメント
#52DL寺岡芳樹主将(経4)「ひどい試合。ディフェンスはここまで行かれるシチュエーションを経験していなく、想定が甘かった。相手はビデオで相当研究してきたのか、弱点をとことん突かれた。とにかく個の力が低すぎる。自分のところに来いという気持ちが持てていない。この結果を受けて、変わらなかったら終わり。まず春はファンダメンタルにこだわって戦っていく」
SNSでフォローする
Comment (1)
  1. 村田進 より:

    こんなに良い面と悪い面が出る試合はそんなにないと思う。また、リズムがいかに大切かと言うことを思い知ったと思う。
    5つもターンオーバーをされて勝ったと言うのは奇跡に近いし、お陰でリズムに乗れなかった、それが分かった事が収穫①
    そして相手をなめてかかると恐ろしい事になると言う事が分かったのが収穫②。そんなつもりはなかったと思うが、心の奥にすきがあったんと違うかな?
    また、ディフェンスが崩壊して攻め込まれたのか収穫③、法政の時は完璧に防御できていたからな。ここにすきが生れたてと思うけどな。
    最後にプレーの精度がいかに大切かが分かったのが収穫④/アメフトは特にラグビーで言う【統率】のスポーツの為、個々の力は当然必要だが、戦術を含めて個々の役割が決まっているスポーツ。グランドデザインをいかに描くかが、オフェンス・ディフェンスで試されるスポーツ。だから面白いのだがね。
    最後に今日の試合は点差に見るよう、選手個々人にも非常にためになった試合ではないかと思います。これを踏み台により一層レベルアップしてください。期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です