【準硬式野球部】 あすの決勝へ、勢い付ける圧勝!

<写真・1失点で完投した小栁>

 5月4日、兵庫県関西学院大学第2フィールドにて、令和元年関西地区一次トーナメント第2回戦が行われた。関学は京府医大に7-1で勝利。あすの決勝戦進出を決めた。

 0-0で迎えた3回表、先発の小栁(教2)が2つの四球でランナー背負うと、適時打で先制点を許す。4回裏、相手の失策で同点に追いつくと、前山(人2)が適時打を放ち、逆転に成功した。5回表には、遊撃手の瀧口(商3)が好守を見せ、三者凡退に。その後、小栁はリズムを取り戻し、その後は安定したピッチングを続けた。突き放したい関学は8回、先頭打者が四球で出塁。無死満塁で本木(社2)の2点適時打や相手の失策などでこの回一挙5得点。小栁は1失点で完投し、7-1で勝利した。

 次戦はあす、同会場にて同大会の決勝戦が行われる。

試合後のコメント

建畑亮太主将(理4)「まずは、勝てて良かった。2日間ノーエラーが続き、リーグ戦ではできなかった野球を展開できている。小栁も、リーグ戦では調子が振るわず、懸ける想いは強かったと思う。8回まで1点差と、緊迫した試合をよく投げ切ってくれた。あすは、全日に行くための山場。昨年の先輩のリベンジもかかっているので、一球一球集中して、なんとしてでも勝つ。」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です