【バドミントン部女子】 立命大に3ー2で勝利し、最終戦へ

<写真・第1シングルスで延長戦を勝ち切った村田>

5月3日、龍谷大学深草キャンパス体育館にて平成31年度関西学生バドミントン春季リーグ第4戦(対立命大)が行われた。
第1シングルスの村田(経3)がフルセットの末、延長戦を制し勝利。第2シングルスの酒井(理1)は、第2ゲーム中盤に6連続得点で追い上げを図るも、勝利には届かなかった。続く第1ダブルスの佐々木(人4)・結城(法4)ペアは、終始互いに声を掛け合い、一体感をつくるも惜敗。だが、後がない中、第2ダブルスの水野(文3)・澤田(教3)ペアが第2セットを落としたものの、接戦を勝ち切り2ー2の同点に。勝負は今試合も、第3シングルス上田(文4)に託された。第1セットは一進一退の接戦を繰り広げたが、第2セットでは12点差の大差をつける強さを見せ、勝利。関学は3-2で立命大に勝利した。

次戦はあす、関西大学体育館にて同大会最終戦(対龍大)が行われる。

本日の結果
S1村田 ☆2ー1
S2酒井 ★0-2
D1佐々木・松久 ★0-2
D2水野・澤田 ☆2-1
S3上田 ☆2ー0

試合後のコメント
佐々木絢子女子リーダー「久々に接戦を制する試合ができた。自分の力を出し切った大きな勝利だと思う。第1ダブルスの私が負けてしまい、第2ダブルスの子たちにはプレッシャーを背負わせてしまったことが申し訳なかった。だが、ここで勝ち切ってくれてうれしい。次戦の相手は龍大だが、龍大にも絶対の勝利はないと思う。きょうの流れをつくれば勝てない相手ではない。悔いなく、全力を出し切れるようにしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です