【ソフトテニス部男子】 3勝2敗、3位入賞で春季リーグ戦閉幕

<写真・試合後、笑顔で写真撮影に応じる選手たち>
   5月4日、マリンテニスパーク北村にて2019年度関西学生ソフトテニス春季リーグ戦(2日目)が行われた。    
  きょうの初戦は同大との対戦。1戦目は下原(経1)、古賀(商3)ペアが見事なストレート勝利。勢いに乗りたかったが、続く2戦目では、一時はリードするも逆転されるなど、粘り切れずに連敗した。続く吉信(人4)、中村(法4)ペアが勝利をもぎ取るも、5戦目も敗北。同大に2-3で手痛い敗戦を喫した。関学は続いて関外大と対戦。磯貝(法2)、内海(社2)ペア、シングルスの下原(経1)が敗北するも、遠藤(教3)、二階堂(人4)を始めとする上級生ペア3組が勝利。3-2で相手を下した。
   2日間に渡って行われた今大会の最終成績は3勝2敗。3位入賞を果たし、春季リーグ戦は閉幕となった。
本日の試合結果
対同大
下原・古賀☆4-0
遠藤・二階堂★1-4
廣瀧(社3)★2-4
吉信・中村☆4-1
磯貝・内海★2-4
対関外大
磯貝・内海★1-4
遠藤・二階堂☆4-2
下原★2-4
鳥居(社3)・古賀☆4-2
吉信・中村☆4-2
試合後のコメント
二階堂和真主将「3位に終わり、とても悔しい。大一番の関大と同大に勝ち切れなかったことは、主将として後悔が残る。だが、下級生の成長が感じられ、自分自身はプレーしていて心強かった。チームの実力は上がってきている。突き詰められる部分はまだまだある。今回の悔しさを忘れずに、西日本インカレでは優勝を目指したい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です