【準硬式野球部】 打力発揮で一次トーナメント初戦突破!

 

<写真・5打数3安打の前田>

 5月3日、兵庫県関西学院大学第2フィールドにて、令和元年関西地区一次トーナメント第1回戦が行われた。関学は京都橘大に8-6で勝利。あすの2回戦へと駒を進めた。

 2回表、先発の田中駿(商3)が連続安打でピンチを背負うと、スクイズで先制点を許す。2-0で迎えた3回裏、1死満塁のチャンスで春季リーグ戦首位打者の前田(社4)の適時打で同点に。犠飛と安打でさらに2点を追加した。しかし、6回、二番手で登板した大薮(経2)が三者連続で安打を浴び、6-4と追い上げられた。点差をつけたい7回、先頭でまたも前田が安打を放ち、その後相手の失策も絡み2点を追加。8回からは稲益(社2)が登板し、四球と安打で1点を許すも、最後は抑え、8-6で勝利した。

 次戦はあす、同会場にて同大会の2回戦が行われる。

試合後のコメント

建畑亮太主将(理4)「負けたら終わりのトーナメントで、勝てたことは何よりも良かった。打順やメンバーを入れ替えて臨んだが、これからも調子の良いメンバーを使っていきたい。投手陣は12の安打を打たれ、もっと自分優位のカウントで投げる必要がある。あすも集中して、1点ずつ取って全員で絶対に勝つ」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です