【ソフトテニス部男子】 2勝1敗で1日目終了

 

<写真・雄叫びをあげる二階堂主将>

5月3日、マリンテニスパーク北村にて2019年度関西学生ソフトテニス春季リーグ戦(1日目)が行われた。
初戦は立命大との対戦。試合の入りはリーグ戦独特のプレッシャーに押され、ミスを重ねる。だが、応援の力で、徐々に落ち着きを取り戻し、ストレート勝ち。2試合目の天理大も勢いそのままに連勝。3連勝といきたかったが、関大の力強いボレーに対応できず。初黒星を喫した。
次戦はあす、同会場にて同大会の2日目が行われる。

本日の試合結果
対立命大
下原(経1)・古賀(商3)☆4-3
遠藤(教3)・二階堂(人4)☆4-3
廣瀧(社3)☆4-1
吉信(人4)・内海(社2)☆4-3
鳥居(社2)・中村(社4)☆4-0
対天理大
遠藤・二階堂 ☆4-1
下原・古賀 ☆4-1
廣瀧★1-4
吉信・内海☆4-1
鳥居・中村★2-4
対関大
下原・古賀★2-4
遠藤・二階堂 ☆4-1
廣瀧★1-4
鳥居・中村★3-4
吉信・内海★0-4

試合後のコメント
二階堂和真主将「試合の入りは良くなかったが、応援の力でこちらのペースにできたと思う。2戦目も勢いに乗って勝ち進むことができた。3連勝したかったが、関大に負けてしまったことが悔しい。関大に照準を当てて、取り組んでいたので、反省していかないといけない。あすもひたむきに試合に取り組んで、関西制覇を目指したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です