【馬術部】 全員が減点0で走行し、団体戦準優勝!

<写真・障害を跳び越える藤井と月飛鳥>

 5月2日、兵庫県三木ホースランドパークにて、第54回全関西学生馬術大会および、第50回関西学生新人馬術大会が行われた。
   春学唯一の団体戦であるLクラス障害飛越競技Aでは、出場選手全員が減点0で完走。団体2位の好成績を収めた。しかし、関大が1位で競技を終えたため、総合関関戦は14年連続の敗北となった。
   複合馬術競技(障害飛越)では、原田(経3)、藤井(社4)があす行われる複合馬術競技(馬場)への出場を決めた。
 新人馬場馬術競技では、2人の新入生を含む3人が出場。最後まで落ち着いた演技を見せた。
 次戦はあす、同会場にて同大会2日目が行われる。
Lクラス障害飛越競技A
2位 減点0 総タイム149.4
試合後のコメント
藤井遥平主将「すごく良かった。まさか2位になれるとは思っていなかったので、うれしい。個人的にも最近ずっと失権していたので、減点0で帰ってこられて良かった。あすに向けてもいい流れをつくれたと思う。団体での一番の目標は7月の総合複合で勝つことなので、それまでに勝てるチームに仕上げていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です