【バドミントン部男子】 春季リーグ戦山場の近大戦で勝利!

〈写真・応援に背中を押され、勝利した田中〉

5月1日、立命館大学大阪いばらきキャンパス体育館にて平成31年度関西学生バドミントン春季リーグ戦第2戦が行われ、関学は近大と対戦した。
第1シングルスでは、前試合に続き、戸内(人3)がセットカウント2-0で勝利し、流れをつくる。第2シングルスの福原(社4)は、第2ゲームで延長戦に持ち込むも、勝ち切れず。だが、続く第1ダブルスの鍵谷(人4)・平岡(国2)ペアが、安定したコンビネーションで勝利し、勝利に大手をかけた。第2ダブルスの西原(国4)・川波(社3)ペアはファイナルセットまで持ち込むも、接戦を制し切れず、敗北した。第3シングルスで勝負を託されたのは、ルーキー田中(人1)。一進一退の接戦を制し、リーグデビュー戦を白星で飾った。
次戦はあさって、龍谷大学深草キャンパス体育館にて、同大会3日目(対京産大)が行われる。

本日の結果
S1戸内☆2ー0
S2福原★0ー2
D1鍵谷・平岡☆2ー0
D2西原・川波★0ー2
S3田中☆2ー0

試合後のコメント
鍵谷由輝主将「2ー2の場面でルーキーの田中が勝ってくれたのは、チームとしても、田中にとっても大きな収穫だったと思う。また、S1のエース対決が今日の勝敗を分けると思っていたので、戸内が相手のエースを圧倒してくれて、きょうは勝てるような気がした。しかし、シングルスで安心して任せられる人が少ないのが課題。次戦もチーム全員で勝ちに行く」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です