【空手道部】 形競技で佐藤が初の関西3位! 組手競技も入賞者続出

<写真・表彰状を持ち、記念撮影に応じた選手たち>
 4月29日、兵庫県立総合体育館にて第53回関西学生空手道選手権大会が行われた。男子組手競技では片岡(経3)が男子ー67㌔級で8強入り。女子組手競技では、有内(経2)が-55㌔級で、部内最高の4強入りを果たした。また、片岡、男子+75㌔級から橋本(社3)、女子-55㌔級から才之神(商2)、武藤(人1)が優秀選手賞を受賞。形競技では、佐藤優輝(文3)が初めて8強の壁を破り、関西3位に輝いた。
 今大会をもって、有内、佐藤の全日本学生空手道選手権大会への出場が決まった。
組手競技
男子ー60㌔級
児見山廉(商3)
1回戦:☆6-0
2回戦:☆3-0
3回戦:★2-3
男子ー67㌔級
大黒和樹(社2)
1回戦:☆5-2
2回戦:☆1-0
3回戦:★0-2
片岡岳斗
1回戦:☆6-0
2回戦:☆1-0
3回戦:☆7-0
準々決勝:★0-2
重山大樹(人2)
1回戦:☆3-1
2回戦:★1-1(判定負け)
真鍋善行(法2)
1回戦:★0-2
川尻敬斗(教2)
1回戦:★1-3
下垣内慎一(文2)
1回戦:★0-1
男子+75㌔級
橋本翔生
1回戦:☆6-0
準々決勝:★0-2
女子ー55㌔級
才之神遥
1回戦:☆3-1
2回戦:☆3-1
準々決勝:★0-1
有内和来
1回戦:☆不戦勝
2回戦:☆4-3
準々決勝:☆2-0
準決勝:★1-3
中村心優(国2)
1回戦:☆0-0(判定勝ち)
2回戦:★0-1
武藤柚奈
1回戦:☆2-0
2回戦:☆4-0
準々決勝:★1-1(先制されたため)
寺川萌香(経1)
1回戦:☆0-0(判定勝ち)
2回戦:★0-1
女子-61㌔級
里井心(国1)
1回戦:☆7-2
2回戦:★0-3
男子形競技
佐藤優輝
ROUND1:18.9点
ROUND2:21.6点
3位決定戦:24.9点
女子形競技
石津朱美(商1)
ROUND1:17.4点
試合後のコメント
田中廉也主務(文4)「下級生の活躍が顕著に見られた。チームに勢いがついたと思う。特に良かった選手は、片岡と武藤。片岡は期待通りに勝ち上がってくれて、応援しがいがあった。武藤は、練習でうまくいってなかったが、初戦で同大の4年生に対しても臆さず、自分のペースで試合運びができていた。4年生を欠いている中で、2、3年生を中心に自主練を積んだ成果が出たと思う」
自身初の関西3位に輝いた佐藤優輝「やっと壁を超えられて3位になれた。目標にしてきた碓井さん(18年文卒)や清水さん(18年法卒)も応援してくれている前で、目標を達成できた。3年連続の全日本大会出場権も獲得できてうれしい。きょうは、序盤は硬かったが3位決定戦までくると、思い切ってできた。去年は全国大会で予選敗退だったので、今年は最低でもベスト8には残りたい」
女子組手競技で4強入りを果たした有内和来「周りをしっかり見ることができて落ち着けた。相手のタイミングを図って、自分から試合をつくることができた。ただ、結果としては悔しい。準決勝では先取できていたので、勝てる試合を逃してしまったと思う。全国大会でも、相手を意識せず、落ち着いて勝ち上がっていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です