【バドミントン部男子】 成蹊大に勝利し、春季リーグ戦初戦白星!

〈写真・関学の勝利を決めた鍵谷・平岡ペア〉

4月29日、近畿大学体育館にて平成31年度関西学生バドミントン春季リーグ戦第1戦が行われ、関学は大阪成蹊大と対戦した。
第1シングルスでは、戸内(人3)がセットカウント2-0で勝利し、流れをつくる。第2シングルスの平岡(国2)が、力を出し切れずストレート負けするも、第1ダブルスの西原(国4)・川波(社3)ペアが徐々に調子を上げ、ストレート勝ち。続く第2ダブルスの鍵谷(人4)・平岡(国2)ペアが接戦を制し、この時点で関学はセットカウント3ー1で勝利を決めた。第3シングルスでは、福原(社4)がリーグ戦の雰囲気に呑まれ、本来の力を出し切れず無念の敗北となった。
次戦は、あさって立命館大学大阪いばらきキャンパスにて、同大会2戦目(対近大)が行われる。

本日の結果
S1戸内☆2ー0
S2平岡★0ー2
D1西原・川波☆2ー0
D2鍵谷・平岡☆2ー0
S3福原★0ー2

試合後のコメント
鍵谷由輝主将「勝てたことはよかったが、これから、楽に勝てる試合はひとつもないと思った。成蹊大は絶対に勝たないといけない相手だったから、ここでつまずいている場合ではない。あすは疲労がたまらない程度に、スマッシュをどこに打つのかなど、考え方ひとつで変えていけるところを修正していく。近大戦ではチーム全員で力を出して戦うことに尽きる」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です