【卓球部】 春季リーグ戦、男女ともに連勝!

<写真・勝負を決めた卯木>

    4月28日、大阪府いきいきランド交野にて2019年度関西学生卓球春季リーグ戦2日目が行われた。男子は同大と、女子は京産大と対戦した。
    男子は1番手の高橋(商4)が3-0で勝利し、幸先の良いスタートを切った。しかし、リーグ戦初出場となった中村(商1)は 0-3で敗北しほろ苦いリーグ戦デビューに。だが、続く3番手の大西尚(商3)は危なげなくストレート勝ちを収めた。ダブルスでは大接戦を制し3-1でリード。そして、5番手の卯木(法4)も大接戦をものにし、勝負を決めた。6番手の楊(経2)が敗北したが、最後は廣田雅(経4)がストレート勝ちを収め、5-2で開幕連勝となった。
    一方、女子は小脇(社3)、光根(法2)が快勝し、チームに流れを引き寄せた。3番手の秋山(教2)は接戦を3-2で勝利。続く、ダブルスは宮脇(国4)、小脇(社3)が息の合ったプレーでストレート勝ちを収め、チームに勢いをつけた。5番手の村田(文1)、6番手の赤澤(社2)は惜しくも敗北したが、ラストの宮脇が3-1で快勝、京産大に5-2で勝利した。
  次戦はあす、同会場にて男子は大経法大と立命大、女子は龍大と近大と対戦する。
試合結果 
男子団体  対関大   ☆5-2
1高橋☆3-0
2中村★0-3
3大西尚☆3-0
4高橋・廣田雅☆3-2
5卯木☆3-2
6楊★2-3
7廣田雅☆3-0
女子団体 対立命大    ☆5-2
1小脇☆3ー1
2光根☆3ー0
3秋山☆3-2
4宮脇・小脇☆3ー0
5村田★2-3
6赤澤★0-3
7宮脇☆3-1
試合後のコメント
卯木尚大男子部主将「正直危ない試合だったが、昨年から出ているメンバーがしっかり勝ってくれて良かった。自分がもっと簡単に勝てれば、下級生も楽にプレーができると思う。あすは立命大との大一番。しっかり勝って、その勢いで全勝優勝したい」」
宮脇千波女子部主将「4番手の時点で勝利を決めることができて良かった。あすからはどこも強い相手になるので前半の4人で落とすと苦しい戦いになる。万全の状態で挑みたい。あすはまずは初戦の龍大に勝てるよういい雰囲気をつくっていく」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です