【卓球部】 春季リーグ戦初戦は男女ともに勝利!

<写真・リーグ戦初出場でストレート勝ちを収めた重村>

    4月27日、大阪府いきいきランド交野にて2019年度関西学生卓球春季リーグ戦1日目が行われた。男女ともに関大と対戦し男子は5-2、女子6-1で快勝した。
    男子は1番手の高橋(商4)が3-1で勝利し、幸先の良いスタートを切った。しかし、2番手の楊(経2)は 相手エースに1-3で惜しくも敗北。続く、初のリーグ戦出場となった3番手の重村(経1)は危なげなくストレート勝ちを収めた。ダブルスが終了時点でスコアは2-2の同点。だが、5番手以降の廣田雅(経4)、卯木(法4)、大西(商3)が快勝し、引き離した。初戦は5-2で白星発進となった。
    一方、女子は秋山(教2)光根(法2)がストレート勝ちをし、チームに勢いをつけた。リーグ戦初出場の村田(文1)は0-2から巻き返し、3-2で勝利。続く、ダブルスは宮脇(国4)、小脇(社3)が息の合ったプレーで3ー0となり、チームに勢いをつけた。5番手の小脇も危なげなく白星。6番手の竹田(国2)は惜しくも敗北したが、ラストの宮脇がストレート勝ちを収め、関大を6-1で圧倒した。
  次戦はあす、同会場にて男子は同大と、女子は京産大と対戦する。
試合結果 
男子団体  対関大   ☆5-2
1高橋☆3-1
2楊★1-3
3重村☆3-0
4高橋・廣田雅★1-3
5廣田雅☆3-1
6卯木☆3-0
7大西☆3-0
女子団体 対立命大    ☆6-1
1秋山☆3ー0
2光根☆3ー0
3村田☆3-2
4宮脇・小脇☆3ー0
5小脇☆3ー1
6竹田★2-3
7宮脇☆3-0
試合後のコメント
卯木尚大男子部主将「昨年、4-3でギリギリで勝った相手に今回は5-2で勝てて良かった。負けた楊も相手エースに対し、もう少しのところだった試合なので、これから良くなってくると思う。あすは同大戦。全員で勝利し、7-0で勝ちたい」
宮脇千波女子部主将「とりあえず勝ててほっとしている。1番手の秋山が笑顔で勝ってくれて、後続がいい流れで勝てた。応援も最後までやり切ったところも良かった点。あすも全員で4点を取りに行き、気を緩めず勝ちにいく」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です